A:LOVE IS THE SONG / LAXTON FORD
B:LOVE IS THE SONG (Pt.2) / LAXTON FORD
love-is-the-song.jpg

1974
Matrix / FRM 231
Label / WILD FLOWER
Producer / PAUL KHOURI & STARE McCALLUM

71年にリリースされたソウライツのキラー・アーリーレゲエ『RISE AND SHINE』をカヴァーしたキラー・チューン。どちらもキラーでカッコイイのですが、個人的にはテンポが遅くなり、より深く怪しくなったこちらがお気に入りです。Bad Tune!!





RISE AND SHINE (LOVE IS THE SONG ) - THE SOULITES

| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
NO SECOND CLASS LOVE / BUJU BANTON & CAROL GONZALES
no-second-class-love.jpg

1993
Matrix / DSR 52
Label / PENTHOUSE
Producer / DONOVAN GERMAIN
Riddim / ACTION

当時大流行していたリディム、アクションに乗せた女性シンガーとダミ声ディージェイのパーフェクト・コンビネーション。ダンスホール・セレクターであれば承知のように、80年代後半から人気の出始めたアーティストの大半がペントハウスからリリースしており、次々とヒット曲が生まれていきました。当時のペントハウス、プロデューサーのドノヴァン・ジャーメインがいかに勢力を持っていたかを感じさせられます。

| CATEGORY : DANCEHALL |
A:ILLUSIONS / MELODY BEECHER
B:ILLUSIONS IN DUB / YARD BAND
illusions.jpg

1981
Matrix / LH 21455
Label / PAUL MELOTONE
Producer / PAUL 'MELOTONE' BEECHER

81年、アメリカでリリースされたフィメール・キラー・ルーツ。ずんずんと刻まれるステッパー・ビートに絡む、怪しく憂いのある女性ヴォーカルがとてもカッコイイです。あまり主張していないボンゴの音色も効いてます。Flip Sideは打って変わってボンゴを主体としたダブワイズ。ルーツ好きで嫌いな人はいないでしょう。12インチのみのリリースの激レアな一枚です。



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:RIGHTEOUS WORKS / EARL ZERO
B:RIGHTEOUS DUB / JAH WALLY'S STAR BAND
righteous-works.jpg

1975
Matrix / ACL 2996
Label / ADDIS ABABA
Producer / AL CAMPBELL

シンガーとしての活動も有名なアル・キャンベルによってプロデュースされたキラー・ルーツ。落ち着きのあるリズムに、深く怪しい歌声がバッチリはまってます。Flip Sideのダブワイズも最高にカッコイイです。ルーツ好きは要チェック!



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
HYPOCRITES / MICHAEL PROPHET & DADDY FREDDIE
hypocrites.jpg

1990
Matrix / LM 0043
Label / LIVING ROOM
Producer / JIMMY ROOTS

マイケル・プロフィットの透き通った歌声に、ギネス記録をもつダディー・フレディの早口ディージェイ・スタイルが絡むダンスホール・クラッシックス。12インチのみのリリースでなかなか出てこないレコードなので探している人も多い人気の一曲。

| CATEGORY : DANCEHALL |
A:LIFE / ZAP POW
B:TONIGHT WE LOVE...TONIGHT / ZAP POW
life.jpg

1972
Matrix / ZP 7929
Label / WHAM PAC
Producer / ZAP POW

スタジオ・ワンのハウスバンド、ルーツ・ラディックスの一員としても活躍したジャマイカのトランペッター、ディヴィッド・マデンがリードをとった素晴らしいホーン・インストゥルメンタル。ザクザクと刻まれるアーリー・レゲエ特有のギター・カッティングに絡むオルガンと雄大でゆったりとしたホーンの音色が最高です。Flip Sideは奥行きの深いピアノ・インストを収録。両面共に最高のインストゥルメンタルです。



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:YABBY YOUTH / BIG YOUTH & VIVIAN JACKSON
B:BIG YOUTH FIGHTS / AGAINST CAPITALIST
yabby-youth.jpg

1975
Matrix / DSR 5313
Label / PROPHETS
Producer / VIVIAN JACKSON

ヤビー・ユーことヴィヴィアン・ジャクソンのアルバムタイトル曲『CONQUERING LION』のディージェイ・カット。小刻みなギターのカッティングが効いたマイナー調のリズムに絡んだキラー・ディージェイ。Flip SideにはDubwiseを収録。MICRONレーベルからも同曲がリリースされています。



| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
CHANCES / HOPETON JAMES
chances.jpg

1989
Matrix / CHANCES ARE
Label / PARADISE
Producer / P. BURRELL & D. ECCLESTON

現存する数少ないロックステディ・ヴォイスの持ち主であるホプトン・ジェームスの歌モノダンスホール。心地の良いメロディーラインに優しく丁寧な歌い方が素晴らしい一曲。

| CATEGORY : DANCEHALL |
A:DREAD LOCKS I / RAS KEATUS I
B:DREAD A DUB IT / RAS KEATUS I
dread-locks-i.jpg

1979
Matrix / DSR 2195
Label / ARAB
Producer / MILTON SAMUEL & LEE PERRY

キダス・アイがリー・ペリーのブラック・アーク・スタジオで録音、更にはファミリーマンことウェイラーズ・バンドのアストン・バレットがアレンジャーとして加わったキラー・ルーツ。落ち着きのあるマイナー調のリズムに優しいながらも感慨深い歌声がばっちりとはまった激レアな一枚。Flip SideのDubwiseも最高。ロッカーズ期を代表するこの3人の共作となればルーツ好きは必須の一枚です。




| CATEGORY : REGGAE / ROOTS |
A:BANANA MAN / LORD OBSERVER
B:THE GAMES SONG / LORD OBSERVER
banana-man.jpg

196?
Matrix / CS 1464-1
Label / PORT O JAM
Producer / COXSONE DODD

コクソン・ドッド・プロデュース。カリブ海の陽気な雰囲気が感じられるあるバナナ売りの男について歌ったナイスな一曲。『DAY O』のようなトラディッショナル・ソングとはまた違いますが、ジャマイカではよくありがちなバナナ農家の日常を歌にしたレアな一曲です。両面ともにGood!!



| CATEGORY : OTHERS |
←BACK 2/60 pages NEXT→
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
スタミナレコード - スカ、ロックステディ、レゲエ、ルーツ、ラヴァーズ、ダンスホール